全ての遺産の一括相続(遺産承継業務)

遺産承継業務とは?

預貯金、不動産、株、投資信託、保険など
亡くなった方の全ての遺産について、遺産調査から最終的な遺産の分配まで
丸ごと司法書士が代行する手続を「遺産承継業務」といいます。

遺産の種類や相続人の人数が多い場合、また、平日昼間お仕事で時間が
とれない方などにお勧めです。

ご自分でされる場合は、役場、銀行、郵便局、保険会社、法務局、税務署など
あちこち窓口を訪れる必要がありますし、様々な書類の記入、他の相続人との
連絡調整など、やることが山のようにあります。

そこで、このような手続に慣れている司法書士が、遺産相続について全般的に代行することで、
ご依頼者の貴重なお時間を浪費することを防ぎ、また、手続漏れの危険性なども少なくすることができます。

この業務は相続人全員から依頼を受ける必要がありますので、
 遺産分けの話がつかなくなるなど、相続人同士で対立が生じた場合は、
 この業務を受けることはできなくなります。


遺産承継業務の手続の流れ

1.ご相談、受任

まずは代表相続人の方から実際にお話をお伺いします。
料金等にご納得いただければ、正式にご依頼をお受けします。


2.相続関係や遺産の調査

戸籍等を取得して相続関係を調査し、また、金融機関等から預金資料等を
取り寄せ、遺産の内容を確認いたします。


3.遺産分割協議書

相続人と遺産内容の特定ができましたら、どのように遺産を分けるか
相続人の皆様で協議していただきます。

その際には司法書士が遺産目録などの資料を作成して、ご説明いたします。

話がつきましたら、司法書士が遺産分割協議書を作成し、相続人の皆様から
ご署名とご実印の押印をいただきます。

尚、相続税の申告義務が生じる場合は、司法書士にて普段連携している税理士をご紹介し、
相続税申告手続についても進めていきます。


4.各窓口にて手続

預金については銀行窓口にて解約手続、不動産について相続登記手続など、
各遺産に応じて解約や名義変更手続を行っていきます。


5.遺産の分配

一旦司法書士の預り金口座にまとめた遺産を、遺産分割協議に基づいて
各相続人の方に送金いたします。

尚、手続費用は、遺産を送金する際に差し引き精算させていただきます。


遺産承継業務の必要書類(ひとまずご相談時にご準備いただきたい書類)



遺産に関する資料

[check]  預貯金通帳、預貯金証書、キャッシュカード

[check]  有価証券(株等)や投資信託等の残高報告書等
   

[check]  生命保険証書、火災保険証書、損害保険証書

[check]  固定資産納税通知書

[check]  不動産の権利証書

[check]  他にも遺産がある場合、遺産の存在を裏付ける資料全て



負債に関する資料

[check]  ローンの契約書や明細書、入院費請求書等
    

[check]  その他、生前の負債を裏付ける書類全て
    

[check]  相続人が支払った葬儀費や入院費等の領収書等


遺産承継業務の費用

遺産承継業務にかかる費用は、司法書士報酬と実費の合計額です。
事案によって大きく異なることもありますが、目安としては遺産総額の2%程度です。

司法書士の報酬
基本報酬遺産総額の一定割合(2%など)、遺産総額により段階的に報酬率は変わります。
戸籍等の代理取得1通につき 1,080円

   ※基本報酬は相続人の人数、遺産の種類、事案の難易度などによって変わります。